ウーバーイーツのバッグってどっちがいいの?

f:id:yubayashi88:20200825183732j:plain

2020年3月よりウーバーイーツの配達用バッグはamazonで購入(4,000円)する流れに。


以前はデポジットとして貸し出され、何種類かあるバッグの中からランダムに手渡される形でした。


購入となった今、バッグは自分で選ばなければなりません。

でもどれがいいのかわからない…。

配達用バッグは大きさ、形、素材がモノによって全く異なります。稼働効率や運びやすさに違いが出ることでしょう。


そこで今回はamazonで購入できる「新型黒」と「しゃくれ(第3世代)」の特徴を挙げた上で、どちらがいいのかをシチュエーション別にご紹介。


結論を言うと、新型黒バッグを選ぶのが無難ですが、個人的にはしゃくれがおすすめ。


補足情報ですが、配達用バッグは4,000円で購入可能です。フリマアプリで高額販売されているモノには手を出さないようにしましょう。

www.sai-uber-eater.com

バッグの特徴

まずは2つのバッグの特徴を知ることから

新型黒バッグ

f:id:yubayashi88:20200525184048j:plain

f:id:yubayashi88:20200529092052j:plain

  • デザインがいい
  • 縦長でスタイリッシュ
  • 防水仕様
  • 上下左右に分けられる仕切り付き
  • 折り畳み可能
  • 3箇所にロゴ刻印
  • 下段を拡張すれば収納力アップ
  • 底にある4本のバックルでキャリア固定可能
  • マジックテープ式

街中でよく見かけるバッグ。機能性に優れており、今までの集大成とも言われています。


一般層からも人気があり、旅行や買い物、ツーリングで使用する人が増加中。


レストランのほとんどの料理が入り、ピザやパーティ用のオードブルを積む際も下段を拡張すれば対応できます。


防水なのがしゃくれとの決定的な違い。どんな天候でも気にせず稼働できるのは強み以外の何物でもありませんね。


迷ったなら新型黒バッグを選びましょう。


デメリットについて触れておきます。

  • しゃくれと比較すると重い

弱点らしい弱点は見当たりませんが、挙げるとすれば「重さ」です。


重要は約2.8kg、形状維持用の板を抜いても2kgないくらい。


サイドポケットやバックルなどの付加装備があり、型崩れしない作りのためしっかりと重いのです。


常にバッグを背負う配達で「重いこと」は致命傷になりかねません。体への負担は大きく、長時間の稼働はキツイものがあります。


自転車に荷台を付けたり、バイクでも背負いつつ椅子に置けるなら問題ないでしょう。


しゃくれと比較した時に重いだけなので、デメリットとは言いづらいですが取り上げました。

しゃくれバッグ

f:id:yubayashi88:20200529203750j:plain
f:id:yubayashi88:20200529162606j:plain

  • 大容量
  • 軽い
  • 素材が柔らかい
  • チャック式
  • 2段収納可能
  • 下段拡張可能
  • 非防水

一部の配達パートナーから根強い人気を誇るしゃくれバッグ。


最大の特徴は軽さ。2kg前後の重量で、仕切りを外せば1kgほどになります。大容量であり、拡張せずにほとんどの料理が入るのも魅力の一つ。


一方で、柔らかい素材&板がないため形状維持が難しいのがデメリット。使っているうちにへたれてきます。

f:id:yubayashi88:20191009090021j:plain

へたれを解消するためのアイテムが「サーモスソフトクーラー」。


  • バッグの形状維持
  • 仕切りの役割を果たす
  • 板を外して軽量化

ソフトクーラーでしゃくれのデメリットを補えます。

www.sai-uber-eater.com

個人的には、ソフトクーラーを使うなら新型黒バッグより使い勝手はいいという体感です。軽くて体へのフィット感もあるので、長時間の稼働もグッド。


弱点は防水ではないこと。レインカバーを付ければ雨に対応できますが、梅雨の時期などでガッツリ稼働したい人は不自由さを感じることでしょう。

www.sai-uber-eater.com

ではここからシチュエーションごとの解説をしていきます


出張や電車通勤が多いなら

f:id:yubayashi88:20200825173226p:plain

日本中どこでも稼働できるのがウーバーイーツの魅力。他都道府県への遠征や、電車通勤して配達をする機会の多い人は新型黒バッグがおすすめ。


しゃくれバッグはサイズが大きく、まともに折りたためないためコンパクトにできません。


電車内では幅を取ってしまい一般人から非難を浴びる可能性あり。

肩身狭くなる…。

コインロッカーに保管する際もサイズの小さい新型黒の方が料金が安くなる傾向にあります。コンパクトにする機会が多いなら新型黒バッグを選びましょう。

批判を浴びたくないなら

下着泥棒、信号無視、首都高速走行などの影響もあり、ウーバーイーツ配達パートナーの評判は非常に悪いです。


バッグを背負っているだけで「邪魔なんだよ!」と批判の声を浴びる人も。筆者も埼玉県某市で「このクソウーバーイーツが!」と言われた経験あり…。


批判を浴びせられたくない人はしゃくれバッグを選ぶといいでしょう。


しゃくれもウーバーイーツと認識される確率は高いですが、ロゴ入りの新型黒バッグよりはマシです。

「ロゴ入りを使っていてもいいことがない」と他デリバリーサービスのバッグや市販のバッグを使って配達する人が多くいます。


サービスが開始したてのエリアはまだ批判が少ないでしょうが、都心部での稼働を予定している人は「批判されること」を頭に入れておいた方がいいでしょう。


選択肢として市販バッグを使うのもアリなので、記事をおいておきます。

www.sai-uber-eater.com

新型黒バッグのロゴを隠すという選択肢もあるので参考までにどうぞ。

www.sai-uber-eater.com

荷台に置くなら

f:id:yubayashi88:20200628123305p:plain

自転車にリアキャリアを付けての配達を予定しているのなら、ぶっちゃけどちらでも大丈夫です。

フィックスキャッチもしくはボックスはバッグがすっぽり入るので、底に固定用のバックルがないしゃくれバッグでも全く問題ないからです。


バイクの場合はバイク用キャリアに固定することが予想されるので、バックル付きの新型黒バッグがいいでしょう。

改造しないなら

配達パートナーは個人事業主。装備やアイテムを自由に揃えられるのが魅力です。バッグの中身を工夫している人はたくさんいます。


いやいや装備とかはいいから「とりあえずノーマルで配達しやすい方がいい」という人は新型黒バッグがいいでしょう。

f:id:yubayashi88:20200825180644j:plain

新型黒バッグは上下左右に分けられる仕切りがあり、荷室もさほど広くありません。


緩衝材としてのタオルやプチプチを用意すればすぐに配達が可能です、


一方のしゃくれバッグは、防水ではないので雨の日に稼働するなら防水カバーは必須。


広すぎる荷室を埋めるための工夫や緩衝材も多く必要ですし、場合によってはサーモスソフトクーラーの購入も考えた方がいいです。


改造しがいがあるのはしゃくれの魅力ですが、費用や手間がかかるのは事実。


新型黒バッグは基本的な性能がいいため、何も考えずともそれなりのクオリティを出せます。


初心者に馴染みやすいのは新型黒バッグだと言えますね。

まとめ

やはり新型黒バッグを選んでおけば間違いないという結論に至ります。カッコいいですしね。


まずは新型黒バッグで稼働してみて、後々サブとしてしゃくれを買うという流れが妥当でしょう。


4,000円という安さですし、バッグを2つ持っておくことで臨機応変に対応ができます。4,000円より高値で購入しないようにだけ注意してください。

ではいいウーバーライフを。