Uber Eats(ウーバーイーツ)から支給されるバッグを使わないという選択肢

f:id:yubayashi88:20191009075845p:plain

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録説明会で渡されるバッグ。「デカすぎて使いづらい」「ダサい」「ロゴが入っているのが嫌だ」などの声を耳にします。

確かに必要以上にデカイ

そんな中で「実はあのバッグ使わなくてもいいんだよ」という声も。


そこで今回は「純正バッグは必ず使わなければならないのか」について明らかにします。


ちなみに筆者は純正以外のバッグで配達をしています。既に答えは出ていますね。

この記事を読んでわかること

  • 筆者が使っている代用バッグ
  • 純正以外のバッグで配達することで何が起きる?
  • 代用できるデリバリーバッグ3選

純正バッグを使わなくて胃い理由+αとして↑もわかるので、興味のある方はぜひ。
※支給されるバッグ以外を推奨する記事ではありません。


代用できるデリバリーバッグだけ知りたい人は目次から飛んでください。ではいってみましょう。

使わなくても問題ない理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)登録説明会で貸し出されるバッグは配達の際に使わなくても問題ありません。(代用のバッグは保冷保温機能必須)
2020年5月現在、バッグはamazonで購入することになっています。


問題ないと言い切れるのは「登録説明会の際にスタッフから聞いたから」。純正バッグ以外も使用可能という情報を得ていたので聞いたのです。


スタッフは「推奨はしていますが雇用しているわけではないので強制ではありません」との回答。


使わなくて良い理由は「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは個人事業主に当たるためバッグ使用の判断は事業主に任せる」というものです。


サポートセンターへ電話で問い合わせてくれた方がいるので説得力の担保としても載せておきます。説明も凄く丁寧です。

jiri42.com

ジリさんありがとうございます。

筆者が正規バッグを使わない理由

筆者がなぜ支給されたバッグを使わないかというと

使いづらい、形が変形した

が大きな理由。


筆者が貸し出してもらったのは通称「しゃくれバッグ」です。

f:id:yubayashi88:20191009084627j:plain

正直なところ↓の黒バッグが良かった。黒バッグは小バッグも付いていてロゴも外せるため非常に便利。

f:id:yubayashi88:20200412212401p:plain


とはいえ機能性も良くなり格段に軽くなったと言われるしゃくれバッグ。配達しやすかったのですが、回数を重ねていくうちにチャック部分がベコっ!って変形。

f:id:yubayashi88:20191009090021j:plain

チャックの開閉がしづらくなった上に料理が入れづらい。しかも四角いフォルムが保てなくなってダサくなった。

f:id:yubayashi88:20200525184048j:plain

破損したら↑のような新型バッグに交換してもらえるけどまだ破損してないし、洗った時にもう一つバッグがあれば便利だな…


バッグ買っちゃうか


というのがきっかけ。

筆者が代用しているバッグ

いくら純正のバッグを使う必要がないとはいえ、保冷保温機能を備えていないバッグは使えません。


探しに探した結果、INSULAR(インシュラー )の折りたたみ式多機能デリバリーバッグを購入しました。

f:id:yubayashi88:20191009160745j:plain:w320:h600f:id:yubayashi88:20191009160758j:plain:w320:h600

デザインとズッシリ感で選びました。純正バッグより重いですが、Lサイズのピザも入る上に防水仕様。値段も7,000円とぼちぼち。


大きさ的には初代黒バッグの高さが少し低くなったくらいです。今まで入らなかった料理はありません。


しかし現在はAmazonで取り扱いがされておらず商品ページも出てきません。オススメなのに残念。


まぁこんな感じで季節や稼働時間によってインシュラーのバッグを使っています。

市販のバッグで問題ない?

支給されるバッグ以外で稼働できるのはわかったけど「市販のバッグを使って問題ないの?」という疑問が浮かぶはず。

市販バッグで起こりそうなマイナス点

  • 加盟店や注文者に配達パートナーとして認識されにくい
  • 加盟店から料理の受け渡しを拒否される
  • Twitterで「正規バッグ使っていない」と晒され、ヤバイ奴認定される
  • 正規バッグを使っていないことで加盟店、注文者からバッド評価をもらう

複数のデメリットが想像できますが、筆者は上記4点どれにも当てはまらず配達しています。


加盟店や注文者の方に「配達パートナー」として認識されにくいという心配はありましたが、純正バッグの時と変わりません。


配達パートナーとして認識されるのは「四角くて黒いバッグを背負っているのは配達パートナー」という世間の認識があるからでしょう。


黒いバッグを背負って自転車やバイク走らせているのはおそらくUber Eatsだけ。


「出○館」などのロゴが入っている店舗以外はUber Eatsなんだと思います。


街中でも「あっウーバーイーツだ!」と言われます。筆者はこれを言われたくないがために市販バッグを買ったのでちょっと残念…。


それほどまでに市販のバッグでも配達パートナーとして認識してもらえるということ。


加盟店や注文者の方から悪い評価はもらっていません。市販のバッグを使用していて今のところ問題ないです。

  • メリットが多い

購入したものがお気に入りのデザインで使い勝手もいいことから配達のモチベーションがアップしました。


しゃくれバッグ同士でピックアップが被ると「あっ」みたいに気まずくなる空気もありません。


「ウーバーイーツだけどウーバーイーツじゃない」という感じ。「飽きたな」と思ったら正規のバッグを使うと気分転換になって良し。

代用できるデリバリーバッグ

デリバリーバッグとして良さそうなものは何点かおさえてあります。


この中から購入して使えばストレスなく配達できるかも。吟味して選んでみてください。

配達パートナーが作った互換リュック

f:id:yubayashi88:20200528084747j:plain
f:id:yubayashi88:20200528084911j:plain

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが経験を元に作ったデリバリーリュック。


筆者も欲しかったのですが、ヤフーショッピングでずっと売り切れだったのでメルカリで購入。メルカリで売り切れていたらラクマヤフオクで探すといいでしょう。


※2020年4月上旬にようやくAmazonで販売開始。
Amazonの中で最安値がコレです。

  • 防水仕様
  • 3WAY(背負う、手持ち、肩掛け)
  • 仕切りあり
  • 外側に小物入れ3箇所
  • 軽量で程よいサイズ感
  • 折りたたみ可能
  • 形が横長なので風の抵抗を受けにくい
  • 固定用バックルでキャリア取り付けOK
  • 反射ストラップ付き

市販バッグの中では圧倒的なクオリティですね。

筆者は可変式のリアキャリアに付けて配達してます。

↓のキャリアとフィックスキャッチの組み合わせが良いらしいですね。機会があったら買ってみようかなと。

こちらの記事を参考にさせていただきました!ありがとうございます。

estoy-aki.com


キャリア固定の配達パートナーは多いです。ググってみてください、Twitterも。


個人的にこのバッグはかなりおすすめ。リュックじゃなくてもバンドを肩にかければ地面にバッグを置かずともピック&ドロップが完結するのでラクです。


でも背負いたい人はリュックを買ってください。普段はキャリア固定でも勝負時には背負えた方がいいですから。

第4世代似のバッグ


第4世代の黒バッグと同じようなサイズ感バッグ。奥行きはないですが、縦に広いのである程度の料理は苦戦することなく運べそうな感じ。


防水なのかはちょっと不明ですね。

最後のバッグ

名前がわからないから最後のバッグという名前にした…。

この中では最軽量の1kg。防水で良さそうですが、奥行きが25㎝なので大きいピザは運ばない前提の作り。6本収納可能のドリンクホルダーも配達では使用することが無さそう。


サイズ感と軽さ、防水という点で筆者は結構欲しいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?バッグ2つ持ちはかなりのメリットかなと思います。電車通勤する方は小さいバッグだと都合が良いでしょう。


バッグ購入費用は経費として計上できる上、1日の配達で購入費用を取り戻せる可能性はあるので長く配達を続けるのであれば検討してみてください。


ロゴが入っていないことで堂々と副業として配達ができるかもしれませんね。


ではいいウーバーライフを。