Uber Eatsアプリの登録から注文、配達されるまで現役配達パートナーが解説!

f:id:yubayashi88:20190925190051p:plain

Uber Eatsって黒と緑のロゴのやつが最近流行っているみたいだけど何?」

「頼んでみたい気持ちはあるけどちょっと…」


最近一気に知名度が増してきたUber Eats。藤田ニコルさんやキャリーぱみゅぱみゅさん、橋本環奈さんが利用されているとはいえ、まだまだ未知数なところがあるので頼むことに抵抗のある方が多いと思います。


そんな方の為にUber Eats現役配達パートナーがアプリの登録〜注文までの流れをまとめました。「初回1,000円割引の方法だけ知りたい」という方は目次から飛んじゃってくださいね。


配達パートナーだからこそわかることもあるので、「こうした方が便利」なんていうのも合わせてお伝えできればと思っています。ではいってみましょう。

Uber Eatsとは

Uber Eatsはなんぞやっていうのを軽く説明しますね。


ウーバーイーツは、自動車配車アプリを運営しているウーバー・テクノロジーズという外国の企業が始めたデリバリーサービスです。2016年、日本に満を持して上陸し都内を中心に今もサービスエリアを広げています。


AIの最新技術を用いてお客様、レストラン、配達パートナーの三者をリアルタイムでマッチングさせ、料理をお客様の元へ届けるという従来にはないシステムを使用しています。


ちょっとこれだと想像がしにくいと思うので、ウーバーイーツの運営を含めた4者の構図を書いてみました。

  • ウーバーイーツの運営=AI
  • お客様=ユ
  • レストラン=レ
  • 配達パートナー=配

とします。

注文してから料理が届くまでユ「料理を注文しよう。スマホでポチッとね」
AI「レストランさん注文入ったよー」
レ「はーい、作りまーす」
AI「配達員さん、一番近くて速くレストラン行けそうだけどどう?」
配「OKでーす」
配「レストランさん料理取りに来ましたー」
レ「はーい、お願いしまーす」
配「お客様、料理お届けに参りました」
ユ「ありがとうございます」

ざっくりとこんな感じでしょうか。


今までのデリバリーサービスはレストランとお客様のみでのやり取りでしたが、ウーバーイーツはそこに運営と配達パートナーが関わっているということになります。


とはいってもお客様のやることは「注文するだけ」なのでそこは変わりません。むしろ、電話ではなくスマホで注文できるようになって便利になりましたね。


ではアプリの登録〜注文、配達されるまでを一緒に見ていきましょう。

アプリの登録

ウーバーイーツを利用するにはアプリの登録が必要ですが、手続きは数分で済みますし一回登録しておけば2回目以降の注文が楽になります。


まずは↓のサイトでアプリをゲットします。

 【a】Uber Eats オーダープログラム


  • 電話番号入力

アプリ起動後は電話番号入力画面に移ります。入力した電話番号にPINコードが送られてくるので、今使っているスマホの番号を入力しましょう。

f:id:yubayashi88:20190523213557j:plain

  • PINコード入力

先ほどの電話番号に4桁のPINコードが送られてくるので入力します。送られてこない場合は電話番号を再送しましょう。

f:id:yubayashi88:20190523215813p:plain

  • メールアドレス入力

確認のメールが送られてきます。注文時の領収書や色々な情報が送られてくるので都合の良いものを入力すると良いでしょう。

f:id:yubayashi88:20190523213958p:plain

  • パスワード入力

筆者が登録した時は、パスワードは英数字を必ず入れなくても大丈夫でした。

f:id:yubayashi88:20190523214105p:plain

  • 名前入力

本名じゃなくても問題ありませんが、筆者の経験ではほとんどの方が本名ですね。


ここでポイントなのですが、本名を書くことに抵抗がなく一軒家などで表札がある人は苗字だけでも漢字で書いておくといいでしょう。


理由としては、時折アプリの不具合などで住所が正確に表示されないことがあるので、配達パートナーが表札と登録された名前が一致していると分かればスムーズにお届けが出来るからです。


アパートやマンションなどは部屋番号があるので問題ないですが、住宅街などの場合はナビが示す位置と目的地が異なる場合があるので、表札を頼りにすることが結構多いんです。


あくまで抵抗のない人で大丈夫ですからね。

f:id:yubayashi88:20190523214150p:plain

  • 利用規約と個人情報保護方針を読んで「次へ」をクリックします。

f:id:yubayashi88:20190523214225j:plain

  • 支払い方法の選択

支払い方法はクレジットカードとデビットカードです。

今では現金支払いが可能な地域が増えてきました。この時点では選択できないのですが、アプリの登録手続き後、マイページ→お支払い→お支払い方法の追加で現金払いへ変更する手続きが出来ます。


地域によって異なりますので、現金払いが希望の方は登録後に確認してみましょう。

f:id:yubayashi88:20190523214314p:plain

  • カードの詳細入力

どのクレジットカードでも登録可能です。カメラを使えば自動入力してくれるので、試してみてもいいかもしれません。

f:id:yubayashi88:20190523214342p:plain

  • 位置情報について

許可にしておくと現在地付近のレストランを検索できて便利なので、許可にしておくことをオススメします。


許可にしておくことで個人情報が漏れるとかいう心配はありません。

f:id:yubayashi88:20190523214412p:plain

  • 配達場所の記入

そろそろ大詰め。最後に配達を希望する住所や建物名を入力します。これは注文の都度変更できるものなので特に気負う必要はありません。


自宅以外へ配達を希望する方は、○公園など記入すると候補が出てくるので選択します。細かいところまで配達してくれるのがウーバーイーツのメリットであります。


画像にはないのですが、GPSで現在位置を取得できるので、手入力かGPSどちらかで入力しましょう。


○丁目○番地○号の○号まである方はしっかり入力しておくと配達がスムーズになります。

f:id:yubayashi88:20190523214805p:plain

  • 配達場所詳細の記入

これで最後です。玄関先か外で受け取るを選択します。アパートやマンションの方は建物名と部屋番号を忘れないよう入力しましょう。


最後のポイントなのですが、配達メモにも建物名や部屋番号を入力しておくことをオススメします。理由としては上で入力した建物名と部屋番号が配達パートナーのアプリに表示されない場合があるからです。


東京のお客様は結構書いてくれています。その方が配達がスムーズに行なわれるということがわかっているのでしょうね。


一軒家の方も目印を書いておくとスムーズな配達に繋がります。「黄色のポストがあります」「自転車が2台あります」「ドアの色は赤です」とかだけでも全然違うので、特徴があったら書いておくといいでしょう。

f:id:yubayashi88:20190523214812p:plain


これで入力は終了です!お疲れ様でした!次に注文方法について解説します。

注文方法

登録完了後、アプリを開いたときのメイン画面は下の画像のようになると思います。


f:id:yubayashi88:20190525130525j:plain


アプリ上部はスライド式で時期によってクーポンやお得情報が表示されます。


アプリを下にスクロールすると

  • お近くの人気スポット
  • お勧めの料理
  • ¥260で配達(配送料最安値で配達できるレストラン)
  • 20分未満(注文してから届くのが速い)
  • Uber Eatsの新着

が順不同で表示されます。

アプリを下にスクロールさせるだけで近くにある大体のレストランがわかるので、ほとんど検索せずに注文出来るような仕組みになっていますね。


「あのレストランは頼めるのかな?」って思った時には、アプリ下部、左から2番目にある虫眼鏡マークをクリックすると、下の画像のように検索ができます。

f:id:yubayashi88:20190525132248j:plain

名前でレストランを検索する事が出来ますし、ジャンルごとに選ぶことも出来ます。


ただ、名前でレストランを検索する場合は登録してある名前を入力しないと表示されないようになっているので注意が必要です。


ケンタッキーを「けんた」とかで検索しても表示されないということですね。

  • 細かい絞り込みも可能

画面右上にある「フィルター」をクリックすると、レストランの種類や価格帯、食事制限でレストランを絞り込む事が可能です。

f:id:yubayashi88:20190525133153p:plain

f:id:yubayashi88:20190525133305p:plain

f:id:yubayashi88:20190525133155p:plain

さほど使う頻度は多くありませんが、覚えておくと便利な機能です。


では実際に注文してみましょう。

商品に悩まなければ数分で終了します。今回は例としてマクドナルドさんにしましょう。


レストランをクリックすると、お届けにかかるおおよその時間とレストランの評価、配送手数料、レストランの詳細情報を確認する事が出来ます。


下にスライドさせていくと、頼むことのできる料理が表示されるので、タップします。今回はジョウカルビという新メニューで。

f:id:yubayashi88:20190525134333p:plain


個数を変更してカートへ。

f:id:yubayashi88:20190525134344p:plain


「カートを見る」をタップすると下の画面のようになります。


ここで住所の変更や「◯公園の噴水にいます」などの詳細を入力したい場合は、「配達メモを追加する」で入力する事が出来ます。


画面下部で料理の値段と配送手数料を合わせた合計金額が確認できるので、オーケーであれば画面下の「注文する」ボタンを押す事で注文が確定します。


これで注文が出来たので、あとは配達されるのを楽しみに待つのみですね。

f:id:yubayashi88:20190525134724p:plain

初回1,000円割引にする

ウーバーイーツを初めて頼む方は1,000円割引になる方法を書くのを忘れていました笑。

f:id:yubayashi88:20190525135624p:plain

メインメニュー右下の人型アイコンをタップすると下のような画面になります。

f:id:yubayashi88:20190525135911p:plain

そこの「プロモーション」をタップ、その後画面右上をタップするとプロモーションコードを入力する画面になります。

f:id:yubayashi88:20190525135930p:plain

そこで「eats-koq1xv」を入力すると1,000円割引が適用されます。配送手数料が260円であれば740円分の料理が無料で楽しめるので、使わない手はありません。


では改めて配達されるまでをみて行きましょう。

配達されるまで

注文が完了すると、下の画面に移ります。先ほどのマクドナルドさんではないレストランの方がわかりやすかったので、縁日和桜さんのを例にします。


まず、配達員がレストランから料理を受け取っていない事がこの画像からわかります。レストランから配達場所までが表示され、おおよその到着時間が確認できますね。

f:id:yubayashi88:20190525141419p:plain


注文をキャンセルしたかったり領収書も見る事ができます。

f:id:yubayashi88:20190525141500p:plain


そして、配達員が料理を受け取ると、下のような画面になります。


ここで配達員の顔や評価、バイクか自転車で運んでくるのかがわかります。画面下部で配達員と直接やりとりが出来るので「玄関に置いて置いてください」だったり、急遽配達場所が変わった場合などはメッセージ、電話などでやり取りが可能です。


ちなみに電話番号は暗号化されているので、配達員に自分の電話番号が表示されることはないので安心してください。


ここからはGPSで配達員の動きが手に取るようにわかるので面白いですよ。「おいっ家と反対方向に進んでるじゃん笑」みたいな。大抵の人は「なんだよ」って思うでしょうけどね。

f:id:yubayashi88:20190525141921j:plain


無事に配達が終了すると画面がこのようになって終了です。後にレストランと配達員を評価する画面が表示されますが、特に評価しなくても問題ありません。

f:id:yubayashi88:20190525142454j:plain


お疲れ様でした!

まとめ

いかがだったでしょうか?慣れたら数分で操作は完了すると思うので、とりあえずやってみた方がわかりやすいと思います。百聞は一見にしかずですし。


1,000円割引は個人的には大きいので、初回だけ注文してみて良かったら継続していいし、ダメだなと思ったら今後注文しなければいいだけの話ですからね。


最後までありがとうございました!