ウーバーイーツ配達でまだスマホホルダー使ってるの?

実は配達に便利なのはホルダーじゃない

f:id:yubayashi88:20190402151226p:plain

Uber配達パートナーの方お疲れ様です!これから配達パートナーをやる人、やろうと悩んでいる人こんにちは!

煽り気味のタイトルですみません笑

自転車やバイクで配達するときに必須なのがスマホホルダーやスマホスタンド。無しでポケットから出してスマホを操作している人がいますが、いちいち出すのは面倒ですしポケットから落下の危険があります。


そして何より自転車を運転しながらのスマホ操作は大変危険です。実際に事故を起こしてしまった人が実刑判決を受けた例もありますから、スマホを片手で操作するのはやめましょう。


スマホホルダーですが、以前はUber Eats側が無料で配布してくれていましたが今は廃止されています。つまり、自分で購入する必要があるということですね。


「じゃあどれがイイの?」という風に思うかもしれませんが、筆者のオススメはスマホホルダーではありません。


アームバンドです。


アームバンドは「ランニングしている人が腕に巻きつけているアレ」と言えばわかりやすいでしょうか。後に画像付きで説明しますね。


ランニングでは二の腕に装着する人が多数ですが、配達では手首に装着して使用します。時計をつけるようないイメージですね。二の腕用の商品を手首に付けるのではなく、手首専用の商品があるので安心してください。


筆者はウーバーイーツを始める前からクロスバイクを漕いで旅に出るのが趣味で、出かける際はスマホホルダーを使用します。でも、ウーバーイーツ配達パートナーとして働く際はアームバンドを使用します。


それはなぜかというと、アームバンドの方が配達に便利という単純な理由からです。


この記事ではウーバーイーツ配達パートナーとして働く際はアームバンドを使用した方が良い理由を説明します。自転車+スマホ操作=スマホホルダーという認識がありますが、その固定概念から抜け出してみてはいかがでしょうか?


では行ってみましょう。

配達でアームバンドを利用するメリット

f:id:yubayashi88:20190227200519p:plain

乗り降りやスマホの使用が頻回になる配達ではスマホホルダーよりアームバンドの方が圧倒的に使い勝手が良いです。

アームバンドのメリット

  • 自転車への装着、取り外しが必要ない
  • 目線を落とさずスマホを確認できる
  • スマホへの衝撃が少ない
  • 傾けてスリープ解除ができる

筆者が考えるスマホホルダーにはないメリットが上記です。1つずつ見ていきましょう。

自転車への装着、取り外しが必要ない

これが一番のメリットなのではないでしょうか。


配達ではレストランや商品の内容、ユーザーの情報を確認しなければならないので必ずスマホを手に持って移動することとなります。そしてその頻度は配達回数に応じて多くなります。


スマホホルダーではいちいち自転車から脱着を行わなければなりません。これが結構厄介で、焦っている時なんかは中々脱着出来なかったりするんですよ。


中々取り外せなくて「もういいや!」と、番号だけ控えてスマホを自転車に固定したままだと盗難の危険があります。スマホの盗難は普段の生活に大きな影響を与えますから絶対に避けたいところ。


アームバンドであれば常に手首にスマホをつけた状態ですから脱着の必要なく動き回る事が出来ます。商品を受け取る際や渡す時に手首に付けておけば簡単にスマホを確認できるので、両手を開けたまま情報の確認が可能です。


また、ドコモシェアサイクルなどで自転車をレンタルする場合はバッテリーが切れた時に自転車を変更するので、スマホホルダーをその都度付け替える必要があります。


スマホホルダーを外すのを忘れて違う自転車に乗り換えてしまったという事例が多いらしいので、その点でもアームバンドは安心だと思います。


時計感覚で見る事が出来るのは非常に便利ですよ。

目線を落とさずスマホを確認できる

自転車へ乗車中、停車中に「この道であってるのかな」等、スマホを確認したい時ってありますよね。


そんな時、スマホホルダーだとハンドル部分に目線を落とさなければいけないですし、目が悪い人は近づかないと中々見えません。また、角度が固定されているので日差しが強いと全く見えないんですよね笑。


アームバンドであれば自分の目の前に手首をサッと持ってくる事で短い時間で確認が出来ます。目の前に持ってくる事で前方への注意も払えるので安全性も悪くはならないはずです。


ママチャリやクロスバイクなど自転車の形が様々なので一概には言えませんが、アームバンドはスマホ確認に優れていると言えます。

スマホへの衝撃が少ない

案外見落としがちなのが衝撃。筆者はスマホホルダーを使っていた時は「ガタガタガタ」という衝撃音が頻回でした。一回落とした事もあるので結構トラウマです笑。


自転車によっては取り付けがうまくいかない時があるので、衝撃が激しかったりズレたりして不安定な場面が多かった印象がありますね。


アームバンドは手首に巻きつけるものなので衝撃や落下の心配はほとんどありません。


衝撃が少ない一方で、商品によってはキツかったりすぐに緩くなったりして角度が悪くなる事があります。あとは単純に手首に負担が掛かるので、重さで疲れたり痛くなったりする場合がありますね。


これについてはデメリットであると言えるでしょう。アームバンドの質や使用するスマホによって左右されるので十分に検討する必要があると言えます。

傾けてスリープ解除ができる

「一体何を言っているんだ?」と思った方も多いでしょう。これはiPhone6s以降の端末に付いているスリープ解除機能のことです。


まず、スリープ状態とは、電源が入っているけど画面は点灯しておらず画面に触れても何も反応しない状態です。スマホに触らず一定時間放置するとこのスリープ状態になります。


このスリープ状態を解除するには、スマホの「スリープ/スリープ解除ボタン」を押すか「ホームボタン」を押す必要がありますが、iPhoneの場合は設定アプリで「手前に傾けてスリープ解除」をオンにし、スマホを手前に傾けるだけで画面が点灯します。


つまり、アームバンドで腕時計的に付けたスマホをクルッと手前に持ってくるだけで画面が点灯するのです。必要な時だけ時間やナビを確認するのに便利ですし、手前に傾ける動作だけでロック画面へ移行できるのでホーム画面へ移る為の手間が1つ減ります。


配達パートナーであればこのなんでもない一手間が省けるだけで配達が有利になるのはわかるはずです。


スマホホルダーでもスリープ解除ボタンやホームボタンを押せばロック画面に移行できますが、運転中は中々ボタンが押せなかったり手袋の状態によっては押しにくい場合があります。押そうとして片手を長時間離すことは運転を遅らせることになり、何よりも危険ですよね。


「じゃあ常に画面を点灯させれば?」という話になりますが、スマホバッテリーが命である配達パートナーにはその選択肢はないと思います。


100%あったバッテリーが2、3時間で無くなるので、消費を更に加速させることは控えるのが懸命です。


手前に傾けてスリープ解除は筆者確認ではiPhone6s以降の端末なので、対象の端末を使用している人にはオススメしたい機能です。

アームバンドのデメリット

f:id:yubayashi88:20190406183227p:plain

アームバンドにもデメリットはあります。筆者が使ってみて感じたものを挙げてみます。

手首に負荷がかかる、痛い

当然ながら手首にスマホをつける為その重さが常時のしかかってきます。筆者が使っているスマホはiPhone7plusというものなのですが、188gあります。188gというのは重いのか軽いのか分かりませんがまぁまぁ重いかなっていう感想です。


また、アームバンドの質によっては手首に巻いた時にキツかったり痛くなる事があります。なのでアームバンド選びは非常に重要ですね。


このようなデメリットは、手首につけるのを左と右で定期的に入れ替えたり、服の上やリストバンドの上から巻くなどで改善されますが覚えておいたほうがいいでしょう。

オススメのアームバンド

筆者が使用しているアームバンドを紹介します。インターネットでかなり吟味して購入しましたが、購入して正解。

筆者オススメはSPORTLINKから出ているアームバンド。4〜6.5インチの大きさのスマホに対応しているので実質売っているスマホのほとんどが取り付け可能です。

f:id:yubayashi88:20190406184418p:plain

これが手首に巻くアイテム。青いボタンが付いている部分がプラスチック、その他はゴムでできています。マジックテープがあるので締め付けは自由自在です。

f:id:yubayashi88:20190406184900p:plain

このアイテムにスマホを入れて、手首に巻いたアイテムに付けます。これはゴムで出来ており伸び縮みするので、取り外しは簡単ですね。

f:id:yubayashi88:20190406184942p:plain

上の画像二枚をくっ付けて手首に巻きました。本当はこれにスマホが入るのですが、筆者がスマホで写真を撮っているのでありません笑。


手首に巻いたアイテムにある青いボタンを押せば一瞬でスマホを外せるのは非常に便利。

f:id:yubayashi88:20190406185006p:plain

最後にこのアイテム。これは手首に巻くバンドの長いバージョンなのでおそらく二の腕に巻く時用だと思います。一回つけてみましたがスマホが見づらいので押入れ行きです笑。


筆者が購入したアームバンド以外にもいろんな商品があるので検討して購入していただければと。

まとめ

配達ではアームバンド、サイクリングなどのロングライドではスマホホルダーという感覚です。「自転車には絶対にスマホホルダーだ!」という人にはオススメできませんが、特にこだわりがなければ断然アームバンドを推します。


一気に配達の利便性がある事間違いなしです。これを機にあなたもスマホホルダーから乗り換えてみてはいかがでしょうか?